県内初のVリーグ昇格 ルートインホテルズ女子バレー部

県内女子バレーボールチームとしては初となるVリーグ昇格を果たしたルートインホテルズ女子バレーボール部「ブリリアント・アリーズ」の川口廣監督、関由美江部長、西堀育実キャプテン兼コーチの3名が、11月13日、上田市役所を訪れ、土屋陽一市長に2019-2020シーズンVリーグ参戦の報告と、支援決定に対する感謝を述べた。
関由美江部長は「創部から一年半、2シーズン目にしてVリーグに参戦できるのは、皆さまのご支援、ご声援のおかげです。これからが本番、精一杯努力をしていきたい。」と感謝を述べた。
西堀育実キャプテンは、「身の引き締まる思いです。良い結果を出して上田市に恩返しをしたい。一戦一戦を大切に戦い抜き、V1への昇格を目指します」と力強く今後の抱負を語った。
土屋市長は「皆さんのお力があってこその昇格です。上田市としても、ホームタウンとしてしっかりと応援していきたい。今後、多くの試合が控えておりますが、ぜひよい試合をしていただきたい。」と激励した。