第67回長野県縦断駅伝競走、上田東御小県は5位入賞!

11月17日、18日の両日、第67回長野県縦断駅伝競走が開催され、県内各地の15チームが長野市から飯田市のゴールをめざし、216.9㎞を駆け抜けました。今回3位入賞を狙い練習を積んできた上田東御小県チーム(ビル・レッテイ監督)は、長野市から岡谷市までの1日目が6位、松本市から飯田市までの2日目が4位で、総合成績で5位に入賞しました。(写真は、上田市役所前第6中継所、高木更紗選手から小山祐太選手にタスキがつながれた)