ケガを予防するトレーニングを学ぶ

 「上田市川辺・川西・浦里小学校区学童・少年軟式野球協議会」(手塚明久会長)は12月1日、トレーニング・コンデションづくりを学ぶ講習会を、川西社会体育館・川西公民館で開催しました。講習会は公認アスレティックトレーナーの関賢一さんを講師に招き、第1部が小・中学生を対象に、ケガを予防しながら技能を向上させていくための身体づくりなどをテーマに、準備運動などの実際のトレーニング方法を学びました。第2部は野球指導者・保護者を対象としたもので、ケガをさせないトレーニングがテーマ。同協議会では、野球体験イベントや管理栄養士による講演会などの活動を行ってきたしたが、協議会発足後、地区内の野球を始めた小学生が、17人も増えたといいます。今後さらに少年野球の啓蒙活動を続けていく予定。(写真は、ストレッチを兼ねた体幹トレーニングを学ぶ小・中学生たち)