ケガをしないための運動を学ぶ 少年軟式野球協議会

メンコを使い、投球フォームをチェック

小・中学生の野球人口を増やそうと活動を続けている「上田市川辺・川西・浦里小学校区学童・少年軟式野球協議会」は12月8日、川西社会体育館と川西公民館で、トレーニング・コンデションづくりを学ぶ講習会を開きました。講師に関賢一さん(公認アスレティックトレーナー)を招き、第1部は小・中学生ら65人が参加。実際に体を動かしながら、トレーニング方法を教わりました。第2部は野球指導者・保護者を対象にした講座「ケガをさせないトレーニング」。同協議会では、野球に取り組む子どもたちの技術向上に向けた多くのイベントを実施しています。