「真田丸」放映でスタート 今年で最後「祝姫乱乱run」

元旦の日差しの中、山家神社から長谷寺をめざす参加者たち

 今年でファイナルとなる第5回「祝姫乱乱run」が、晴天に恵まれた2020年元旦、上田市真田地区で開催されました。2016年大河ドラマ「真田丸」の放映を機に毎年元旦実施されてきた「祝姫」は、真田家ゆかりの山家神社から長谷寺までの坂を駆け上るトライアルレース。当初は女性限定で、着物や「くのいち」などのコスプレに身を包んだ参加者で、正月の雰囲気を華やいだものにしていましたが、年々参加者が減り、今年で終わることになりました。最後の優勝は滝澤亜紀さん(塩田中2年)。2位の山下里歩さん(真田中1年)とデッドヒートを繰り広げながら、ゴールに飛び込みました。真田まつり決戦劇で幸村公役を演じた高坂梓さんは歴女の秋山さゆりさんとコスプレで参加し、華を添えました。