地元だからこそ上手くなりたい 小学生の初・中級者スキー合宿

スキー場に恵まれている上田市、もっとスキーを楽しもう

 市内小学校5、6年生を対象にした一泊二日のスキー教室が、今年も1月5日・6日菅平高原スキー場で開催されました。12班に分かれた82人の小学生は、雪の降りしきる中、元気にゲレンデに飛び出していきました。上田スキークラブの指導者リーダー常田昌明さんは「市内には良いスキー場があるので、地の利を生かし、もっとスキーを楽しんでほしい」と。中級はボーゲンやパラレル、初心者もリフトに乗り、中斜面などを滑れるほどに上達するとか。田辺妃結愛さん(神川小5年)は、初心者の同級生2人と参加。転んでも立ち上がり滑れるようになることが目標です。柔道で名を馳せる高寺碧生くん(清明小6年)も友人たちと一緒に参加。みんなよりも上手くなりたいと、アスリート魂を燃やしていました。