歴史を哲学するシリーズ第2弾「木曽義仲を知る!連続講座」開催

上田市丸子公民館講座の歴史シリーズ第2回「義仲が信州・丸子にもたらした明と暗」が5月23日に開催された。講師は県の中世史研究の第一人者、元上田市文化財保護審議会会長の桜井松夫さん。

丸子地域の義仲配下の武将の中には、義仲敗戦後も生き残り源頼朝に従属したものもいた。平安末期の上田小県地方の史料と現在の地籍とを比較しながら古に思いをはせた参加者は「興味深く、大変おもしろかった」と講師の桜井さんに拍手をおくった。木曽義仲を扱う同講座はいずれも好評で、用意された席がほぼ埋まるほどの盛況ぶりだった。